新型コロナウイルスによる新宿御苑の臨時閉園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新型コロナウイルスの影響で、3月27日(金)より新宿御苑が臨時閉園しており、再開時期も未定です。ちょうど今、東京では桜が見頃なのに、新宿御苑に入れないなんて残念です。多くの観光客が落胆しているでしょう。

28日(土)、29日(日)は全国的に大荒れの天気となり、東京でも雪が降りました。3月に積雪はあり得るものの、28日は今年一(?)と思うほど寒く感じられました。せっかく桜が咲いているのに、新型コロナウイルスのせいで外出もできず、そうでなくても降雪で外出できず・・・なんて日でしょう。

人類の新型コロナウイルスとの長期戦が予想される中、新型コロナウイルスに一度感染してから回復した人から摂取した血液からの薬剤の開発が既に進んでいるそうです。一般に、日本の薬開発は海外に比べて時間がかかると言われていますが、この未知の脅威との戦いは日本経済に深刻なダメージをもたらすのはもちろん、既に市民は「コロナ疲れ」しており、一刻も早い薬開発が望まれます。日本の製薬メーカーの底力に期待です。

今日は兼ねてよりコロナ感染と闘病が伝えられていた有名人の訃報も伝えられました。このニュースには多くの人がショックを受けるとともに、新型コロナウイルスの恐ろしさを改めて認識したのではないでしょうか。
このウイルス、ニュースでは既に伝えられていますが、その進行が早く、一度重症化してしまうと、回復するのが困難なようです。最近まで若者なら重症化しないと考えられてきましたが、米国では20歳前後の健康な人が新型コロナウイルスの発症により亡くなっており、若者といえども油断禁物です。ましてや、中年以上は、中だるみしてきた新型コロナウイルス対策を再認識し、改めて手洗い・うがいなどの基本感染対策に立ち返る必要があります。

しかし、例年であれば、今頃は満開の桜を見物する観光客であちこちが賑わっているのですが、今年は残念で仕方ありません。桜、この時期しか咲かないのに・・・

新宿御苑は閉園ですが、特許出願は一日でも早い出願が必要であり、したがって特許事務所は営業しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*