新型コロナウィルスの治療薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新型コロナウィルスの治療薬として、「アビガン」という薬が注目されています。

「アビガン」はもともと日本の会社が開発したインフルエンザの治療薬ですが、インフルエンザと性質の似ている新型コロナウィルスにも効くかもしれないということで、治験を飛ばして実際の患者さんに使用されているようです。ただ、「アビガン」は効くかもしれないけど、副作用も大きいという点が難点です。今のところ「アビガン」は市販薬でもないし、市民には入手できない薬のようです。しかし、政府はなるべく早く「アビガン」を患者に使えるようにしようとしています。

一方、「フォイパン」という膵炎や逆流性食道炎の治療薬も新型コロナウィルスに効果があると噂されています。「フォイパン」は、医師の処方箋があれば入手できる薬であり、また特許権の存続期間が満了しているため、そのジェネリック薬品も存在しています。

先日、外国クライアントから「アビガン」と「フォイパン」について我々が入手できるか聞かれました。新型コロナウィルスが既に世界レベルで蔓延しており、同時に、外国の人も高い技術力を誇る日本の製薬会社で開発された薬に注目しています。

最近は毎日都内のコロナウィルスの感染者数が発表されており、その数は減るどころか漸増傾向にあり、収まる気配がありません。昨日はついに政府から非常事態宣言が出されましたが、我々のような特許事務所にとって、在宅勤務と言っても週に一度も出勤しない働き方は不可能だし、そもそも在宅勤務ができない職種の人も大勢いるわけで、そうなると都内へ電車通勤する人も多数います。結局、会社員は、感染の可能性が高まる密閉空間を避けられません。

感染のリスクは電車内に限られず、買い物客でごった返している特に都内のスーパーマーケットも人口密度が高まっています。他の国でも同様かもしれませんが、我々日本人はどうしてこういう時に我先にと必要以上に物を買いだめしてしまうのでしょうか。自分も先日薬局でマスクを探しましたが、店先に「本日入荷分のマスクは完売しました」との表示がありました。なるほど、休日にマスクを買うためには並ぶ必要があるのかと、ましてや平日にマスクを買うことは現役世代にはかなり困難であると、遅ればせながら認識しました。

最悪、感染してしまった場合に備えて、「アビガン」の一日も早い実用化を願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*