ドイツ語・英語の誤訳と引用文献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
翻訳

特許を取得するためには、先ず特許出願を行い、特許庁の審査官による審査を受ける必要があります。審査官は、願書に添付された特許請求の範囲に記載された発明を理解し、それを否定し得る似たような発明をサーチします。審査官は、サーチの結果から、本件特許出願よりも先に公開されて世に知れ渡った発明が記載された文献(すなわち、引用文献)を引用して、本発明の新規性や進歩性を否定します。

このとき、引用文献の日本語が正確に記載されていて、技術的にも不明点が無ければ問題ないのですが、引用文献の日本語が不明確で理解できない場合も多々あります。

例えば、一文が長文で記載されているため理解が難しかったり、主語が省略されているため主語が分からなかったりします。

また、一見何の違和感もない場合でも、その引用文献が外国語からの日本語の翻訳文だった場合には注意が必要です。というのも、翻訳文の精度は翻訳者の力量に左右されるため、日本語の原文である外国語に当たってみると、実際はそんな内容は記載されておらず、誤訳だったりします。この場合、誤訳によってその引用文献に記載された内容が、たまたま本発明を否定し得るものになっていたということです。

もちろん、審査官は、その引用文献に誤訳が生じていることなど知りません。そこで、こちらとしては、その原文の記載に遡り、その引用文献には本発明を否定し得る内容は記載されていない旨を審査官に説明します。

また、この引用文献が既に特許されている場合、この特許は間違った内容で許可されていることにもなるので、翻訳は特許取得にとって極めて重要です。

翻訳者にとって慣れれば決して難しくない翻訳ですが、英語の場合に関係代名詞が掛かっている先行詞を間違えてしまうと、とんでもない誤訳となってしまいます。一方で、ドイツ語の場合は、文法が厳格なため、文法構造は複雑ですが、関係代名詞が掛かっている先行詞を見つけやすい場合が多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*