新しいマスクの開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新型コロナウイルスの影響で、店頭でのマスクの品薄状態が続いており、なかなか手に入りません。一方、ネットでは1万円ほどの高額でマスクが販売されています。一般的にマスクの材料は不織布/ガーゼであり、安価で製造工程も単純のはずですが、なぜ安価なマスクがこれほど入手困難なのでしょうか??
「奪い合えば足りぬ、分け合えば余る」というやつでしょうか。

こんなとき、不織布以外の安価で通気性の良い材料でマスクが作れれば、もう少しマスク需要が満たされて、店頭にマスクが並ぶと思うのですが。
3Dプリンターで製造されたマスクも存在するようですが、その素材や着け心地、呼吸し易いのか、花粉(ウィルス)などの異物を排除できるのか気になるところです。

一方で、ガーゼを買ってきて自前でマスクを作る人もいるようです。こんな状況では、人は通常何とかしてマスクを手に入れたいと考えがちですが、手に入らないなら自分で作ってしまおうというのは発想の転換であり、目から鱗が落ちました。皆が目を付けていないから、ガーゼ自体はまだ売っているようです。

自分もそうですが、花粉症の人はこの時期にもかかわらずマスクが入手困難で、ただでさえ辛いのに、電車内でくしゃみをしようものなら他の人から睨まれることもあり、非常にしんどいです。

一方で、アルコール消毒液の容器の或るメーカーは、容器の受注件数が倍増しており、休日返上でライン稼働しているそうです。「アルコール消毒液の容器」と言えば、四角い形の、上部にノズル付きのプッシュボタンが取り付けられた箱を思い浮かべますが、まさにアレです。この容器も、製造後に作業員が1つ1つ手で持って検品するのですね。液漏れが無いよう欠陥が無いかどうかチェックするのは当然といえば当然ですが、意外と手間がかかっています。

新しいマスクの開発と、新型コロナウイルスの一日も早い終息を祈るばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*