からまないハンガーで小学4年生の女の子が特許取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

小学4年生の女の子が「からまないハンガー」を発明し、晴れて特許になったそうです。どんなハンガーかと言うと、ハンガーに付けるクリップを薄型のシリコーン製にし、磁石を取り付け、さらにハンガーの上部にもクリップをつけたそうです。これにより、衣服を掛ける肩部分が細いハンガーは、ズボン類を吊るすクリップが他のハンガーと絡まり、取り出しにくかったという問題を解決できました。さらに、片付けるときはハンガー同士が磁石でくっつき、整理整頓しやすくなるそうです。

小学生が特許を取得するというニュースは時々伝えられていますが、自分は特許の仕事に携わりながら特許権は持っておらず、彼らに頭が下がる思いです。

なぜ、彼らに特許発明ができて、自分にはできないのか。その答えは明白です。つまり、彼らは学校生活や家での生活において何か問題に直面したときに、こうすればこの問題を解決できるという経験をしていますが、自分はそういう経験をしていないからです。少し小難しく言えば、その人が或る事柄について問題を認識し、その問題を解決できる工夫をひらめいたことが発明に繋がります。

例えば主婦・主夫の方は、日々直面している料理・掃除・洗濯などの家事やその他の名も無き家事において、様々な不都合を発見しているはずなので、少し余裕があれば、この器具のここを変更すれば問題解決できて、もっと便利になるということに気づくことができます。

或る個人発明家の主婦の方は、日々の暮らしの中で気づいた問題点を解決する発明を複数行い、特許を取得し、その特許を基にこういう商品が作れるので開発してくれないかと企業に自ら売り込みに行きます。そして、その商品が売れた暁にはその販売額の何%かを彼女の取り分とする契約を開発会社と交わします。彼女にとって、発明と特許と権利活用が完全に一つながりなっており、世の中のためになる発明を行うばかりでなく、特許が収入を支える柱となっており、何一つ無駄がありません。

我々弁理士の仕事は、こういった発明を初めて世に送り出すことに貢献できるものであり、嬉しい限りです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*